道路族と言われる近所の子供、道路族 対策方法

道路族と言われる近所の子供、道路族 対策方法

スポンサーリンク




ファミリーを中心とした住宅外では近所の子供が道路で遊ぶことに対してトラブルも増え続けています。

これには公園が減っていると言う社会的な背景もあるのですがこうした近所の子供の道路族 対策方法に対してはミクロレベルとマクロレベルで検討していく必要があると思います。

まずはミクロのレベルからです。

自分の家の前で自動車や壁に対してもボールを投げているような明らかな迷惑行為と思えば近所の子供に直接注意するのではなくこういった道路側の親に対して注意を流すようにしましょう。

それも極力近所の子供に対して違和感を抱かないようにそして親との関係も円満に済むようなスムーズな方法を選択することをお勧めしたいと思います。

決して100%否定するのではなく、道路族にならざるを得ないことをお互いに課題として捉え道路族にならざるを得ないことをお互いに課題としてとらえ、お互いの課題とすることからスタートです。

道路族 対策方法を近隣のこみにティーで取るためには何ができるかと言うことを一方的に否定するのではなく一緒に考えていこうと言うスタンスが最も大事になってくると思います。こうしておけば近所との関係もスムーズさを保つことができ、お互いに角が立つ事はありません。子供同士の付き合いにも全く影響はないでしょう。

次に近隣のこみにティーで取るためには何ができるかと言うことを一方的に否定するのではなく一緒に考えていこうと言うスタンスが最も大事になってくると思います。こうしておけば近所との関係もスムーズさを保つことができ、お互いに角が立つ事はありません。子供同士の付き合いにも全く影響はないでしょう。

次にマクロの観点から見ていきましょう。

もちろん十分に子供達が遊ぶ場所があるにもかかわらず、道路族が幅をきかせている場合はそれとなく注意が必要ですが。町内会や自治会のメンバーが一緒になって子供たちの遊ぶスペースを確保すること呼びかけることがまずスタートです。

実際に、子供たちがボール遊びなどできないと言うのは大きな課題であることは間違いありません。短期的な解決は難しいかもしれませんが小学校や中学校のグラウンド放課後には解放するなどそれなりの対策をとっていく事は可能だと思います。これがひいては道路側の活動を変えていくことにもつながってきます。

スポンサーリンク






あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です