【道路族体験談】学校・市・警察も無力、通報の2時間後には10人で奇声

道路族体験談を頂きました

短い文章ではありますが、とても深刻で切実な悩みだと感じ取れます

子供10人が奇声を上げ走り回る、どのくらいの騒音なのかは道路族被害者の方であれば簡単に想像がつくと思います

 

学校に連絡し、市に連絡し、警察に110番しても2時間後にはまた奇声が始まる

この絶望感は想像を絶すると思います

 

本当に全国には道路族被害に苦しんでいる人が大勢いるのだと実感します

警察から注意されたら、親は止めさせるのが普通ではないのでしょうか?

 

「子供の声くらいで・・・」と安易に考える人が多いのは知っていますが

子供10人の奇声は通報しても問題ないくらいの騒音です

 

毎日この騒音を聞く事を想像してください

自分の子供でもノイローゼになる親がいるくらいです、まして他人の子なのです

ノイローゼになってしまうのは必然ではないでしょうか?

 

 

道路族体験談 通報の2時間後にはまた子供の奇声が始まる

こちらは、東京都町田市です。

約5年前より、道路族の騒音に悩まされています。

野球、追いかけっこ、スケボー、奇声、大声等 場所は、住宅街の行き止まりの道路です。

市役所に調べてもらいましたら、公道だと分かり、学校、警察、市にお願いしましたが、直ぐに元に戻ります。

多い日には、10人以上の子供がいます。

昨日は、野球をしていたので、初めて110番へ通報しましたが、2時間後には、10人以上の子供が集まり、奇声や追いかけっこをしてました。

当方の家には、具合が悪く寝ている者がいます。

なんとか皆さまの力を借りたく投稿させて頂きました。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ