頭にボールが当たったら死ぬ可能性がある事を教えたら謹慎!道路族と類する危険なしつけ

仰天のニュースが飛び込んできました

野球部の監督が、部員に対し「頭にボールが当たったら死ぬぞ」と発言

これに対し部員である生徒がショックを受け2日練習に出なかったというのである

 

この事態に母親が登場!結局、監督は謹慎処分となった

 

金沢龍谷高校(金沢市上安原町)の野球部で4月、1年生の男子部員に対し、男性監督(40)による不適切な言動の指導があり、同校が男性監督を謹慎処分としていたことが10日、わかった。

石川県高野連を通じて事態を把握した日本学生野球協会は11日、審査室会議を開いて同校への正式な処分を決める。

 同校によると、4月1日午後、ノックの練習中に、男子部員の集中力が欠けていると感じた男性監督が「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」などと発言した。言動にショックを受けた男子部員は翌2日から練習を休み、母親が同校に経緯を説明した。男子部員は現在も不登校の状態が続いている。

 学校側は男性監督や他の部員、母親から事情を聞いた上で、「発言は生徒の命を守るためのものだったが、言い方が部員に不安感を抱かせる不適切なものだった」と判断。4月4日から男性監督を部活での指導を禁じる謹慎処分とし、同月7日付で県高野連に報告した。男性監督は同校の調査に「子どもたちのことを考えて発言すべきだった」と反省しているという。

 同校の山本正彦副校長は読売新聞の取材に対し、「生徒の特性を十分に理解し、配慮のある指導に努めるとともに再発防止に取り組みたい」と話した。

 同校は昨年春にも、後輩を殴った野球部員が日本高野連から1か月の公式戦出場停止処分を受けた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50052.html?from=tw

 

このニュースを見て、普通だと思う人がいるのだろうか?

私も小学生の時、野球チームに入っていた友達が頭にボールが当たって死んだ

野球に限らずスポーツにはケガや死はついて回るものだ

 

それだけ真剣にやらないと危ないという事を教えるのは大人の役目じゃないのか?

 

「ボールが頭に当たったら死ぬ」

 

これ以外の言い方があるのか?

「発言は生徒の命を守るためのものだったが、言い方が部員に不安感を抱かせる不適切なものだった」

とあるが、生徒に不安を抱かせなければ命の危険性は伝わらないと思う

不安を感じない状態で命の危険性を真剣に考える事など不可能であると思う

 

生徒と親がずれているのは、道路族と同じで非常識な親子は沢山いる

しかし、学校にはしっかりした対応をしてほしかった

 

学校側の立場が弱くなってきているのは知っている

しかし、このような理不尽で面倒な親や生徒に構うのが面倒くさいから

「はいはい、とりあえず謝っときますか」てきな対応はその後の生徒への影響、もしくは他の非常識な親への影響が良くないと思う

 

非常識な人は「やっぱり自分が正しかった」と勘違いしてしまう

 

「ボールが頭に当たったら死ぬ」にショックを受ける?

意味が分からない

 

人って意外と簡単に死ぬんですけど?

転んだだけでも死ぬことってあるんですよ

 

そういう事を子供に教えないといけないと思うのですが

教えたら子供がショックを受けるから、気を付けて教えて欲しいって・・・・

 

そもそも、それを教えるのは親の役目だと思うのですが。

 

道路で子供を遊ばせている親も同じです

道路で寝転がっていたら車に轢かれて死んでしまう可能性がある

こういった事を教えない親が多すぎるのです

 

道路でボール遊びをしていると車にはねられて、頭がつぶれて脳みそが飛び出して即死するかもしれないのよ!

くらいの事を言って、ショックを与えるくらいが丁度いいような気もします

 

あまりにもバカげたニュースだったし、道路族の親と思考が似ていると思ったので取り上げてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ