【道路族体験談】道路族親は嘘つきばかり!「この子がしたのを見たんですか?」一緒に遊んでいても自分の子供じゃなければ謝らない

道路族体験談を頂きました

今回の体験談では、道路族の親がどれだけ非常識で嘘つきなのかが

凄く分かり易く書かれています

 

こういった嘘つきで非常識な人が親をしているから

道路族という問題が発生するのだと改めて考えさせられる体験談です

 

道路族親は嘘つきばかり!「この子がしたのを見たんですか?」一緒に遊んでいても自分の子供じゃなければ謝らない

 

8年前家を建てた当初は当家のみで周りに入居世帯はありませんでした。

その後近隣の分譲があり、横並びでA家、B家、当家、C家という状態になりました。

当家の前の道路は公道で袋小路でもありませんが、車通りが多いとも言えません。

約6年前、最初の道路族は当家の左隣のB家でした。出張道路族も呼び込み、最大10人での騒音、器物破損、遊具の放置、当家への侵入等々、酷い有り様でした。

さすがに1度だけB家に、道路遊びの人数と内容を考えて欲しい、と言いました。

その後は人数が3人~6人に減った程度で、結局道路遊びは終わりませんでした。

A家もB家との間にバリケードを自作するなど苦労されていました。

その後A家は自宅を売却し、元A家には新しくa家が入居しました。

この、一番最後に越してきたa家が曲者でした。

a家はほんの小さな2人の子供を路上に放置し始めました。

この2人が本当に危なく走り回り、車で4回も轢きかけました。
もちろん奇声や不法侵入、遊びの内容も酷い物でした。

でも私はa家だけには注意をしたくありませんでした。

何故ならa家の行動が入居当初から異常だったからです。

毎晩毎晩、窓を開け放ったままで乳児に夜泣きをさせ、窓を閉めないまま泣かせっぱなしにする。

ゴミを前日の昼間から、わざわざ隣のアパートに捨てる。

自治会のルールを守らない。

等々、色々異常だったので関わりたくありませんでした。

そのうちa家がB家に合流し、更にC家も合流し、身元不明の出張道路族も加え、当家は道路族に囲まれる形になりました。

それでも「いくら何でも常軌を逸している。注意しなければならない」と言う夫をなだめすかし、道路族被害に我慢する日々でした。

けれど今月、また飛び出しで轢きかけた夫の堪忍袋の緒がついに切れてしまい、私の知らないうちにa家の奥さんに注意してしまいました。

その数日後、女児4~5人、男児1人が、a家のお向かいの留守宅の窓ガラスに石を投げる遊びを始めたそうで、見かねた夫は子供達とa家の奥さんに再度注意をしたそうです。

その後の2人の会話は

当家の夫(以後、夫)「道路で遊ぶな、とは言いませんが、やってはいけない事をきちんと教育して下さい」

a家奧さん(以後、a)「見つかったのはどの子ですか?」

夫「この男の子と、どれか女の子です」

a「それ、家の子じゃないんで関係ありません」

夫「お宅の前の道路でお宅の子と一緒に遊んでた。直接見なかっただけで全員でやっていた。最近頻繁に道路に石が大量に落ちていたので不審に思っていた」

a「でも見つかったのは家の子じゃないんで関係ありません。他の子達は勝手に集まってくるんです」

そこで夫は男児の親に直接言おうと、男児に「君はどこの子?」と尋ねるも「あっちの方から来た」というばかりで埒があかないので再度a家の奥さんに

夫「この子はどこの子ですか?」

a「知らない子です」

夫「……お宅の子と一緒に遊んでる子を知らないんですか?」

a「知りません!!」

そこでB家の奧さんが出てこられたので、B家の奥さんに「この子どこの子?」と尋ねるとB家の奧さんが「家の子です!」と答えました。

男児は当家の左隣、かつa家の右隣の子だったのです。

a家の奥さんは子供達の前で正面切って、堂々と直ぐにバレる嘘をついたのです。

やはりa家はモンスターペアレントでした。

当家にどんな被害を与えようとも、シラを切るつもりであると確信しました。

そしてこの「この子どこの子?知らない子」問答が事件の始まりでした。

更に数日後、当家の敷地内にまでも沢山落書きされました(a家が来てから家の周りの道路は壮大な落書きだらけでした)。

当家は既に6年前から法律家や警察に道路族について相談をしていたので、合法的に防犯用カメラを設置していました。

警告の意味を込めて更に防犯用カメラを見える位置に仕掛けました。

そして、それに気づいたaBC家がそのカメラを盗撮で110番通報しました。

その後は道路族.com 様の公開日2017. 09. 10の体験談と似たような軌跡を辿ります。

最初こそ当家を犯人扱いした交番警察官でした。
しかし前々から道路族について市警察に相談し、アドバイスをいただいていた事。
法律家の指導の元での防犯用カメラの設置である事を説明すると、逆に「a家にこれから注意してきます」と去りました。「道路で遊び始めたら110番通報してください」とも云われました。

後日、市警察に報告した際も、防犯カメラのアドバイスをいただいたり、「強迫や嫌がらせがあったら、必ず録画・録音する事。道路で遊び始めたら110番通報していい」と言って頂きました。

多少の事なら道路族をおおめに見るつもりで何年間も我慢しましたが、「この子どこの子?知らない子→防犯用カメラ盗撮疑惑で通報」事件のお陰で警察にもご協力頂ける形となりました。

これが今週頭の出来事です。

今週は雨ばかりだったので道路族は出現していませんが、aBC家の旦那衆による当家への威嚇(かもしれない?)ような行為はあるみたいです。市警察にも注意する用に言われています。

今後はどうなるかは分かりません。aBC家には逆怨みされているようですし。

また更なる後日談があれば報告させていただきます。

尚、予断ですが、かつてC家は家族全員の帰宅が夜23時以降で、23時~深夜1時にかけて毎晩毎晩走り回る足音を響かせてくれていました。

1年間の我慢の末、深夜の走り回りを響かない様にして欲しいとお願いしたら、見事に逆ギレされました(逆ギレはされましたが、現在は静かにされています)。

B家の3人兄妹も毎晩深夜遅くまで騒いでます。

昨夜も夜23時過ぎまでずーーーっとドスドスドスドスと言う足音を響かせていました。何故に夜に歩き続けるのか不明ですが。

つくづく、モラルの問題なんだろうな。と思います。

周囲に対する気遣いの気持ちがあれば、道路族は涌かないし、深夜に騒ぐ事だって無いと思います。

もし間違えて迷惑を掛けたとしても、指摘を受けたら改める。その気持ちが無い親御さんが増えたのだと思います。

道路族のみならず、深夜にわたる騒音。どれか1つ位ならまだしも、あれもこれも迷惑掛けまくりなんて、本当に私達がおかしくなりそうでした。

せめて道路族だけでも止めてくれたらいいんですけれど……。

長々とありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ