【道路族体験談】アパート道路族 たった一軒の非常識が止められない!道路族とはそういう問題です

道路族体験談を頂きました

道路族問題は戸建てなどに多い問題ですが、勿論非常識な人は戸建てだけに住んでいるわけではありません

今回は、アパートでやりたい放題の道路族行為を行っているというお話を頂きましたので掲載させて頂きます

 

アパート道路族 たった一軒の非常識が止められない!

 

ちょうど袋小路になっている、共同住宅に住んでいるものです。
数年前より、そこが道路族のホームグラウンド化しています。

今回困っているご家族は、室内でも虐待のような騒音が響いています。
母親の罵声や子供の叫び声、泣き声、普通に生活していては響かないであろう、床や壁をたたく音など。

お天気がよくなると、普段室内でもうるさかった奇声が、生で日没まで響き渡っています。

三輪車や補助輪つきの自転車のガラガラする音と、時折転倒して倒れる自転車の音と、子供の泣き声。
その横を、宅配便のトラック、郵便配達や夕刊配達のバイクが、蛇行したり急ブレーキをかけて、ぎりぎり通りすぎていきます。

親は井戸端会議に夢中で、全然みてない。
狭い場所に、子供三人ずつ、その親三人ともなると、合計10人以上がひしめいていることもあります。

いまどきチョークで絵を書くこともあり、しゃがみこんでいるので、車に気づかないこともあります。
そして、雨が降るまで、公道がお絵かきアート化になってもいます…。

一番うるさいのは、プールです。
お子さんが成長するにつれ、年々大きくなるビニールプールは、当初路肩に設置していたのが収まりきれず、近年ついに道路のど真ん中に設置するようになりました。

水は、アパートの部屋の中から、ながーいホースをつけ、外でじゃーじゃー。
暑い日は、九時頃から四時頃まで。奇声と井戸端会議と水の音。

御近所の方も「迷惑だと思いませんか?」と直接何度も注意に行きましたが、翌日にはまたやっている始末。

近隣住民「子供だから許されるというレベルを越えている。」
プールが出てしまったら、住民のみなさんは、三十度あっても窓を閉めたり、大型スーパーに避難しています。北海道って、エアコンがないご家庭が多いんです。窓閉めたくないのに。
たった一軒の道路族のために…。

管理会社さんが見に行く頃にはプールは撤退してるし、注意はしてくれましたが「話をしてみてわかったけど、ヤンキーなのかな?一般常識は通用しないようです。自主的に退去してもらうしか、解決はないですね。」

管理会社さんには、警察に通報しても、逆ギレされるのでやめたほうがいいといわれています。

警察にも相談しましたが、
「パトロールしたときの、いわゆる現行犯じゃないと注意できません。」と言われました。

パトロールの一瞬だけの道路族目撃では、ことの重大さってわかってもらえない気がします。

最近テレビや新聞でも道路族について報道されていますよね。
でも、コメンテーターの方は「神経質。過敏。昔は良かったのに、いまダメなの?」と。

道路族でお困りのかたたちのSNSでは、1日避難する方や、自宅からの出入りにも心を痛めているかたがいると、読みました。

まさに!私もです。
マイルドヤンキーという言葉もみて、そうそう!と思いました。

道路族com.さんのサイトの体験談を読ませていただき、ほんとうに共感できるお話ばかりで、涙が出ます。

北海道では、多分先日のフジテレビの特集、放送されていないと思います。

どこに相談したら、私が過敏だと思われずに、道路族がなくなるのでしょうね。
法律って、なんなんでしょう。

お話できて、共感できる場所ができて、本当に感謝しています。

ただ、子育て世代が優遇される昨今にあり、あまり過敏な運動をすると、私達がおかしいように、マスコミにとられてしまうのも、危惧しています。

2件のフィードバック

  1. ブースカ より:

    動画のこしてますよ
    もっと撮っておけば良かった
    もうPTSD状態ですよ

    • 道路族.com より:

      コメントありがとうございます!
      証拠は大切ですね、道路族は絶対に嘘つきますからしっかり動画を撮っておく事が重要です

      精神的に病んでいる被害者の方も多いです、本当に深刻な問題です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
ツールバーへスキップ