【道路族体験談】警察に注意されたら犯人捜し!学校からの注意は意味がない!

今回の道路族被害者の方の体験談では、何度注意されても懲りない道路族特有の自己中心的性格がよくわかるお話です

スポンサーリンク



道路族被害体験談

私の所の道路族についてお話したいと思います。
我が家は袋小路の一番奥、突き当りの戸建てです。3年前に越してきました。

入口の家が道路族リーダー宅で、引越し当初から、まだ就学前の子供たちをよく遊ばせていました。
井戸端もよくしていて、プラカーの音も煩いけれど、我慢できました。

この状況が一変したのは、小学校に上がってからです。
族母は働くようになったのに、子供は学童には入れず、近所の同級生と道路で遊んで待つように。
ボール遊び、自転車、鬼ごっこ、かくれんぼ。乗りたての自転車では、車が来るかを確認しないで道路を突っ切る遊びをしてましたし、自転車で庭まで入ってくる。サッカーは駐車場にシュートしまくる。家に石を投げて遊ぶ。等やりたい放題です。

たまらず外に出て注意する事数回。全く効果なし。

学校へ注意のお願い

悩んで2年経過。始めて学校に道路遊びの被害を伝え、全校生徒にお便りで注意して貰いました。

学校へ通報は4回ほど。学校ではお便りや口頭で全校生徒に注意してますので、なかなか効果はないのかと…。 学校へ通報の内1回は、8人位でのボール遊びが酷く、家や車にガンガン当てたりしたので、先生に来てもらって直接注意しました。 少しの間は大人しいのですが、すぐ元通り。当然効果はなく、直接注意もだんだん言葉も態度もキツく注意する様になりました

警察へ通報からの犯人捜し

3年目にして近くの交番へ証拠の写真と動画を見せ、巡回を頼みました。
早速次の日、巡回の警察官に道路遊びを注意され、たまたま族母も居たので族母にも注意。
警察が居なくなった後は大変でした。半狂乱になった族母が犯人探し!大騒ぎして通報された!誰!?と。
族仲間が我が家を指差してたので、半分バレてましたが、その様子を近所中の子供達が取り囲んで見ているという(^ω^;)
あれ見てる子供達は、警察に注意されても、通報した人が異常者で、自分達はなんにも悪くない。って思ってたのでは?

ですので、その後も全く変わらずボール遊び。次は110番して来てもらいました。この時は族父が居たので、子供と族父が注意されました。

結果は、なーんにも変わらないです。
あ、ボール遊びは殆ど無くなりました。

さいごに

警察や学校に注意されても自分は悪くないと思える神経は病気に近いものがあると思います、本当に道路族側に非が無ければ学校も警察も動きませんよ? 少しくらいは人に注意されるという事は自分がずれているのかな?と考える心の余裕が欲しいものです

ボール遊びだけでも回数が減ったようで投稿者も良かったですね

スポンサーリンク



あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です