【道路族体験談】注意→泣く→親謝る→また遊ぶ 悪いとわかっていても止められない道路遊びは麻薬?!

今回も、道路族体験談を頂きましたのでご紹介致します

 

悪いとわかっていても止められない道路遊びは麻薬?!

こういったサイトがあったホントに感謝します。

私も被害に悩まされています。

小学5年くらいの女子児童がだいたい4~5人で、袋小路になっている私の家の前の道路でドッチボールや、ブレイブボードで走り回って奇声をあげます。

過去にも2,3回子供たちに注意して、1度は怒られて怖かったのか涙まで流していました。

その現場をその子の親が見ており「すいません」と謝ってきたのに2週間後に再開です。

今では私たち夫婦が帰ってきたり、外に出るとサっーと散っていきます。 家の中に入ったら、もちろん再開しますが。。。

学校には1度連絡しましたが効果なし。 次は匿名の手紙にして(もちろん子供は実名で)学校に送ろうかとか、警察に通報かとも思ってますが、近所の手前、躊躇いもあります。

恐らく誰が言ったかは分かると思います。 以前は子供たちの兄貴たちが遊んでいました。「今度見つけたら学校に言うぞ」と言ってからは来なくなったんですが、今度はその妹たちです。 女子はホント厄介ですね。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ