【道路族体験談】「じゃあどこでバスケットすればいいんですか?」車にボールを当ててもこの発言

道路族体験談を頂きました

短い体験談ではありますが、道路族の非常識さは十分に伝わると思います

この様な「行為」とは別に、道路族特有の「考え方」や「発言」というのがある

自分が世界の中心で全ては思い通りになると思っている、極めて危険な思想を持っているのが道路族であり、今回の道路族体験談にもその危険性がにじみ出ている

 

道路族体験談「じゃあどこでバスケットすればいいんですか?」

親に何度も言っているのに、やめないバスケットボール遊び ついにはバスケットゴールを家の前の庭に置いた。

うちの前に置いてある車にボールが当たって傷がはいった。

親がうちに来たので、言うと、「子どもがしたことですから、じゃバスケット、どこでしたらいいんですか?」と、嫁。

消防職員の旦那は、「誰が迷惑してるんですか?道路で遊んだらいけないなんて規則あるんですか」と開き直った。

本当に非常識である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ