【道路族体験談】10年耐え続けた犯罪行為!道路族は集団になった時、常識が無くなる生物です

今回も道路族体験談を頂きました

この方は、今現在道路族被害にはあわれていませんが、なんと10年もの間道路族の非常識な行為を我慢してきたというのです!

最近では数年の騒音被害により、傷害事件などがニュースになっていますが10年は本当に長いですね

精神的に狂ってしまったり、犯罪に走ったりせずに10年間を乗り切り

さらに、当サイトに体験談をよせて頂けた事に感謝しますm(__)m

 

10年耐え続けた犯罪行為!道路族は集団になった時、常識が無くなる生物です

道路族の子供達が中学生以上になったので、以前ほどの騒音はなくなりましたが、彼らが育つまでの10年間は本当に苦痛の毎日でした。

  • 親子総勢10人以上で道路の真ん中を占拠 ・道路族の家から若干ずれた場所が定位置
  • プラカー、ボード、自転車が遊び道具 ・サッカー、野球、テニス、バスケを道路で全面使用は当たり前
  • 朝7時頃から30分間くらい、幼稚園、学校から帰ってきてから、上記の遊びをする
  • 夏場なら街灯がついてる中でも遊ぶ
  • 近所の単身者用のアパートの壁に向かってサッカーや野球のボールを当てる

またBB銃を人の家に向かって撃ったり、腹ばいスケボーで交差点付近までやってきたり

ある母親は子育てに携わる仕事をしてるくせに家に子供がいるのが邪魔なのか、生後6ヶ月位のハイハイしか出来ない赤ちゃんだけを自宅前の道路に放牧して、車とぶつかりそうになったことも多々ありました。

道路族の人間は、集団になった時、人間的な常識というものがなくなる生物です。

器物破損、不法侵入、名誉毀損など法に反することも平気でやってのけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ