【道路族被害体験記】専業主婦の嫁がストレスで狂いだす

私の住む家は新築で4棟同時に建った建売の物件です

奥の2件は旗竿地になっており道路側の2件の間に私有地として道路まで道があります

この家の間の道で子供が遊ぶので騒音が半端ではありませんでした

スポンサーリンク



【道路族被害体験記】専業主婦の嫁がストレスで狂いだす

私は働いていますので昼間の騒音に対してそんなに気にしていませんでしたが、専業主婦である嫁は引越して一年目くらいから「うるさいんだよね」とぼやくようになりました

しかし近所との関係性もあるため私としてはそんなに事を荒立てたくないという気持ちがありましたので、実際のところ話半分で聞き流していました

近所の子供はまだ幼稚園児で、男と女1人づつともう1軒が女1人でした。我が家には子供がいないため、最初のころは割とその子供たちとも仲良くしていたのです

しかし小学校に上がったとたん友達を連れてきて私道で遊ぶようになりました、これにより騒音が倍増したのは言うまでもありません

私が騒音を始めて実感したのは日曜日でした、最初は元気よく遊んでいるな~と思っていましたがだんだん「うるさいなー」に変っていきました

嫁は「これが毎日よ?耐えられる?」と私に共感を求めてきました、私は話半分で聞いていたことを後悔しました

 

ある日また騒音の酷い日がありました、私も外に出て注意するほどのうるささでした

注意した瞬間はおとなしくなるのですがまたすぐに「ぎゃー」と奇声をあげて騒ぎ始めます、いつものようにフェンスによじ登り我が家の敷地内に入ろうとしたりボール遊びをして敷地内にボールを飛ばしてみたり・・・

 

すると嫁が室内の壁を殴り始めたのです、ストレスが限界まで来ている証拠でした

「このままだとあの子供たちを殺してしまいそうだ」と恐ろしい事まで言い始めました

これをきっかけに我が家では色々な対策を考え始めました

 

まず、人が溜まっているので視線が気になりカーテンが空けられないという問題を解決するためにガラスフィルムを貼りました

多少の防音効果もあるかな?

最終的には2重窓も考えています

そのほか、敷地内に絶対入らないように家の周りに一周高い塀を作ろうかといって案まででました

 

人の性格まで変えてしまう道路族のストレスは恐ろしいです、もしあなたの子供を外で遊ばせているのであれば気を付けて下さい、あなたの子供に殺意を持っている人が近所にいるかもしれませんよ

スポンサーリンク






あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です