TOKYO PLAY宛に送った意見書の詳細

道路族でお困りの皆様にはお待たせしておりますが、TOKYO PLAY様からの返答にはまだ時間がかかるようなので、道路族.COMから送った意見書の詳細をお見せしますので皆さんも一緒に考えてください

また返答があり次第皆さまにもお知らせいたします。

スポンサーリンク



TOKYO PLAY宛に送った意見書の詳細

 

意見書

TOKYO PLAY 御中    代表理事 嶋村仁志 様

 

初秋の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

さて、早速ではございますが先日東京新聞様に掲載されましたTOKYO PLAY様の活動の件で確認したい事が御座いましたのでメールさせて頂きました

 

私は、道路族.comというサイトを運営しております管理人です。道路など公共の場所に置いての非常識な親や子供の行動により迷惑をしている人達の為に活動致しております

 

なお、このような活動には嫌がらせ等の行為が付き物ですので氏名・住所などは控えさせていただいています事をご理解ください

 

この度、東京新聞様に掲載されました「遊戯道路をもう一度」という件につきましてご説明頂きたい事が数点御座いますので宜しくお願い致します

 

誤解が無いようにして頂きたいのは、当方は子供が嫌いと言った事でもなければ子供の遊び場所を減らせという団体でもございません。ましてや、公園や幼稚園など子供が遊ぶべき施設での行為について意見するものでもありません。私自身も幼い頃はウォークラリーなどのレクリエーションが楽しかった記憶もございます、TOKYO PLAY様が国連の子供の権利条約31条を重んじて活動している事に対し反対するものでもございません事をご理解ください。

 

ご説明頂きたい点

 

まず初めに、1969年に警視庁の通達で制度化された「遊戯道路」ですが、当時は公園も少なく道路は子供たちの遊び場だったわけです、しかし1969年に交通死亡事故が急増したために「遊戯道路」を制定したわけです。ここで問題なのは1969年当時の話であること、そして公園など子供たちが遊ぶ場所が少なかったことが大前提となっている、苦肉の案だったという事です

 

しかし、現在2017年までに国土交通省が発表している都市公園の数は昭和30年代から今現在まで増え続けています

子供たちが遊ぶ公園は増えているのです。であれば、「遊戯道路」を始める意味は何でしょうか?

子供たちの為の制作であれば、公園等で行えるレクリエーションを増やすことや公園等で遊べる環境作り、学校の校庭の解放運動など先にやるべきことが沢山あると考えます

 

もし間違っていたら申し訳ないのですが、「子供たちの為」という事を掲げ大人たちの満足の為の行為に見えてしまいます

 

昔の子供たちも、「仕方なく」道路で遊んでいたと思うのですがいかがでしょうか?

子供たちの為が第一優先事項であるのならば「遊戯道路の復活」は不自然に感じてしまいます

 

子供たちの為であれば、家で静かに本を読みたいと思っている子供たちの気持ちはどうなってしまうのでしょうか、外で子供が騒ぐと本当に静かに過ごしたい人にとっては迷惑な行為です、大人は我慢したにしても一部の子供の為に別の子供が我慢しなければいけないのは間違っていないでしょうか

 

次に、子供たちと大人の関係性についてです

昔、子供たちは道路で遊んでいたという意見は本当に良く耳にします、私も確かに遊んでいました。

しかし、私たちが問題にしているのは「子供が遊ぶこと」ではなく「その周りの大人の対応」にあると思っています

 

昭和であれば「人に迷惑をかけない」とか「悪い事は悪い」と大人がしっかり怒れました、さらに近所であれば親でなくても子供たちの躾に一緒になって取り組んでいたと思います

 

現在、親の非常識な行動がこれだけ世間で問題になっている時代です。さらに、他人の子供を叱る事も出来ないような雰囲気のなかで子供たちがしっかりとした躾や常識を持つ事が困難な時代になったと考えています

 

そんな状況のなか道路で子供を自由に遊ばせるという行為はとても現在の常識では考えられないと思うのです。

 

人の家の物を壊したり、勝手に不法侵入したり、ボールを車や壁に当てたりとやりたい放題の子供たちの親は全く注意しない時代なのです

 

もしかしたらあなた方が見ておられるお子さんたちは礼儀正しく躾が行き届いている子が多いのかもしれませんが、私たちが危惧しているのはあなた方が行おうとしている「遊戯道路」という行為を勘違いした全国にいる非常識な親御さん方が「やっぱり自分たちの行為は間違っていなかったのだ」とさらに勘違いをする事を恐れているのです

 

子供たちの躾や周りの大人の対応等についてどのようにお考えであり、どのような対策を取られているのかをお聞きしたいと思います

 

最後に、道路で遊ぶ子供たちの行為によって精神を壊した人達が沢山いる事を知ってもらいたいのです

全国に道路での非常識行為により精神が壊れてしまった人が沢山いらっしゃいます、うつ病やパニック障害に悩んでいるのです

夢を持ってマイホームを購入したのに数千万円の借金を負って、毎日毎日ストレスを与えられる生活を送っている人が沢山いる事をご理解頂きたいのです

 

大人だけでなく子供でも、勉強が出来ないくらい煩くされて泣いているという報告も受けています

 

世間では「子供の声くらいでいちいち注意するなんて」と言われたりしていますが、現実は全く違います

その数々の常識行為により、殺意を持っている人もかなりの数いらっしゃいます、これは本当に社会問題であり非常識な親の問題です

 

そのような苦労している人が全国に沢山いる事をご理解いただき、さらに「遊戯道路」を行う場合もその道路周辺にお住いの方への最大限の配慮をお願いしたいとおもっています

「子供の声に我慢できないから賛成できない」となかなか言えない今の世の中の雰囲気を理解したうえで「全員が快く賛成している」という考え方を前提に行動しないでいただきたいと思っています

そういった社会問題についてもどのようなご理解があるのか伺いたいと思っております

 

以上

突然のメール申し訳ございませんがどうぞ宜しくお願い致します

 

道路族.com管理人

サイト http://dourozoku.com/

 


返答がありました。詳細はこちらです

道路族.comからの意見書 TOKYO PLAYからの返答です

先日意見書を送らせて頂きました TOKYO PLAY 側からの返答がありましたのでお知らせいたします 道路族.comから送りました 意見書 はこちらです 道路族.com管理人様 お返事が届いていないかと、少し心配しておりましたが、届いていてよかったです。 お返事にお時間をいただき、ありがとうございました。ご心配をおかけしました。 長文にて、失礼いたします。 …

 スポンサーリンク



あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017-09-09

    […] 道路族.comから送りました意見書はこちらです […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です