怒られた5歳女児がPTSD 祭り主催者の埼玉県深谷市に賠償命令

また、おかしな事件が起きました

お祭りに来ていた5歳女児をボランティアスタッフである高齢男性が怒ったことでPTSDになったと、埼玉県深谷市を訴えたのです

スポンサーリンク



事件概要

秋祭りでボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認め、約20万円の支払いを同市に命じた。

判決などによると、女児は両親らと2014年11月に同市内であった秋祭りを訪れた。その際、輪投げ会場の受付の机の上にあった景品の駄菓子を手に取ったことを、80代のボランティア男性に大声で叱られた。女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、父親と男性が口論するのを見て、4カ月後にPTSDと診断された。

裁判で原告側は、叱られた後、女児が両親から離れるのを怖がったり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたと主張。市側は、暴言はなく、症状との因果関係はない、と訴えていた。

朝日新聞より引用

お菓子を手に取ったら怒られるのは当たり前??

お祭りの景品を勝手に取ったら怒られる、これは当たり前の事ではないでしょうか?

それに対して、女児の父親はボランティア男性と口論しています

なにを口論する事があったのでしょうか? 謝るのが先ではないのか?

そして、娘にもダメな事をしたのだと教えるのが親ではないのか?

PTSDになったのは親の口論を見たからでは?

怒られただけでPTSDになったというのはあまりに飛躍した話のような気がしてならない

私が思うに、自分のしてしまった事により親が口論をしているのを見てしまいそれがストレスになったのではないだろうか?

まさかの賠償命令

これに対し、女児の父親は祭りの主催者である埼玉県深谷市を訴えます

これにも呆れてしまったのですが、まさかの賠償命令が裁判所から出てしまいます

怒った事で女児がPTSDになったと認めたのです

こんなことを裁判所が認めていては、日本中で子供を怒れない風潮がますます加速していくのではないかと危惧してしまいます

裁判官が曲者だった

この裁判の裁判官は鈴木正紀裁判官である

この裁判官をネットで調べてみると意外なサイトが目に飛び込んでくる

トンデモ裁判官>>

こういう裁判官が日本をダメにしているひとりかもしれないですね

どちらにしても、今回の裁判は間違いだったと個人的には思います

 スポンサーリンク



 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です