道路族被害は体験しないとわからない「子供だからしょうがないなんて言ってられない」

道路族被害は体験して初めてわかるものなのです、小学校や幼稚園の近所にお住まいの方の気持ちもたぶん住んでもなければわからないと思います、同じように道路族被害は騒音だけではなく不法侵入・器物破損など犯罪行為が絡んできます

「子供なんだからしょうがないじゃない」「最近は遊ぶところが無くなってきたからね」などと悠長なことを言っていられるのは道路族の被害にあった事がないからです

 

自分の家でくつろげない事がどれほどのストレスか想像できますか?

今回は少しでも道路族の被害を感じて頂けるようにTwitterで投稿された動画をご紹介したいと思います



2016年2月17日
祖母の納棺式。
親しい近所の方や親戚が集まり、静かに祖母と別れの時間になるはずだった。
調停での約束を破って騒ぐ #道路族 の奇声で台無しに。

この子供の奇声は騒音じゃないって思う人は(小学6年生、4月で中学生)、他人の痛みを共有出来ないんだろうな。


こんな悲しい話があるでしょうか?こんな日くらい子供に「今日は騒がないでよ」と言えないのだろうか?

道路族の騒音はこのような動物園のような奇声を何時間も聞き続けなければならない地獄の時間が何年間も続きます、うつ病になってしまう感覚が少しはご理解いただけただろうか

Twitterで#道路族 と検索すると被害写真が山ほど出てきます、ご参考にされてください

 

あなたの日常を全て壊してしまう道路族、今回道路族を始めて知ったという方は道路族を甘く見ない方がいいですよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ