「モンスターサッカー族 庭編」道路族と同じ思考?!敷地内で行われる非常識行為と嘘

今回、頂きました「体験談」は道路族行為についてではありません

隣家の庭で行われるサッカーが道路族と同じような被害を発生させているというお話です

 

道路ではなく、自宅の敷地内で行われるサッカーなので、なかなか問題解決へ向かわない状況と道路族に似た「嘘、いい訳」は道路族と同じような思考などだと気づかされます

非常識な人が親になると人様に迷惑をかけるという事がはっきりお分かり頂けると思います

 

とても、大作の体験談です

是非、読んで頂きたいと思います

 

ご近所トラブル体験談「モンスターサッカー族 庭編」

はじめまして、こちらの道路族.comさんサイトは半年前から読み、先日のプライムニュースで扱われ心強く思いました。
我が家は新興住宅街に2015年に引っ越し2年前から隣家のでサッカーをする家族と、現在戦っています。
なので、被害状況は「道路族」からのサッカーボールによる被害と似ていますが、それをする場所が道路(たまにしています)ではなく加害者宅の庭なので、「モンスターサッカー族、庭編」です。

 

2016年~20179月の出来事」

まず、2016年春ごろから隣家Ⅿ氏宅庭からサッカーボールを蹴るボンボンと連呼する音の騒音被害です。(この騒音はご存知だと思いますが大音量で音楽をかけている車が発するボンボンと同じ音量。(数度測りましたがいつも100デシベル以上でした)それプラス、細い子供の声ではなく、父親の声の方が太いのでその父親の声がすべて騒音となり入ってきます。その本人曰く、うるさいなら風呂場の窓を閉めればいいと指摘されましたが、お風呂なんて毎日入り水を使う所、閉めたらカビるのでできませんし、閉めても騒音レベルで聞こえてきます)
 
そして、その家族(以降Ⅿ氏)の庭は我が家の1階リビング裏のお風呂場から1mも離れていない場所の庭でほぼ連日(休日は1日中、平日は学校から帰宅後数時間)、Ⅿ氏本人(30代の父親)と小学生兄弟2人、計3人。もしくはすぐ斜め向かいのサッカーコーチが本業(X30代)の親子としています。
なのでその騒音被害や、当家の庭へボールが入ることは常、無断で入り取りに来ますし、庭に私たちがいてボールを拾い渡しても、Ⅿ氏の子供たちは「すみません」や「ありがとう」は全く言いません。そして子供たちが勝手に庭の花壇に入り草花を踏みつけても、その親は全く注意しません。そんな状況を含め、ほぼ毎日だったので20179月にⅯ氏の奥さんに相談しに行きました。ただ、その際はご近所さんなので当方が年上でも、上からではなく低姿勢で直接的な言い回しを避け説明しお願いしました。

 

まず最初に「子供たちが成長してサッカーが上手くなりボールのシンに当たるようになって(一応、褒めました)、ボンボンと音が凄いので時間を短縮してもらえませんか?」と…。そして、「お宅の子供たちが花壇を踏み荒らして困っている、と主人が言っています」と説明したら、奥さんは「注意したくな~い」と。内心、私は「はぁ?」と思いましたがそれがここの教育方針らしく、反論する気になりませんでした。また奥さんは「庭にボールを入れるのはうちの子だけじゃない」とも言い、「近隣のサッカーコーチ(X氏)家族がウチの(Ⅿ氏宅)庭でやりたがるからしてる」との回答。とにかく親として謝ることもなく他人に責任転換、日ごろお世話になっているはずのコーチご家族のせいにする裏切り行為は信じられません。

 

因みに我が家は子供をつくらない主義、その理由は…若い時に商売をし、お客の子供が商品を触りメチャメチャにすると決まって母親が「お店の人に怒られるわよ~」と怒ってもいない他人のせいにする親の姿を見、それが嫌でつくるのをやめました。と言うわけで我が家には子供はおりませんが、子への躾はある程度親がするべきとの考えで、逆に子供自身に完全を求めているわけではありません

 

Ⅿ氏の奥さんのように「注意したくない」ではなく、通常のすべき対応は「スミマセン、子供には気を付けて入るように言い聞かせます」と言うのが普通だと思いますし、そうした対応をされれば様子を見ましょうとなりますが、その普通の対応をしない奥さんは他人に迷惑をかけても子供を叱らないタイプだとわかり、それ以上言いようがないのでその日はサッカーをする時間短縮と、天面ネットを張ってボールが当方の庭に入らないように対策をして頂けるようお願いし帰りました。

 

それから数日、Ⅿ氏家族からは何の返答も謝罪もないまま業者が高さ4mのネットを張りました(天面ネット無し)。その後、サッカーをする時間は12時間程度となりましたが(騒音を我慢するのは2時間が限界、)ネットは天面をしていない「設備不備」のままでボールが入る状況は変わらず。そしてそのネットを高くした後、奥さんから「天面ネットは見た目が悪くなるのとお金がかかるのでしません。だからボールが入らない保証はありませんよ」と言われました

 

要するに「これからも入ります宣言!」です。結局意味の無いことを勝手にやってそんな言い方。私の思う、一般的な角を立てない対応は、「すみません。天面はお金がかかるので一応高さを高くしてみました。ご迷惑をお掛けすると思いますが、これで様子を見て頂けますか?」だと思うのですが…。

 

20181月の被害」
ネットを高くした後でもボールは入り続け、仕方がないので様子を見ていましたが、とうとう20181月我が家の植木にボールが直撃、枝が折れるという被害が出ました。9月~翌年の1月までの間(5か月)で植木に命中したと言うことは、ネットの高さを高くしても、これから先5か月に1度は何かに命中する可能性があると言えると思います。これが人間だったら、車だったらどうするのでしょうか?たとえそうならなくても庭にいるのは正直恐怖です。

 

因みに、なぜボールが当たっての被害だとわかったのか?ですが…。
2017年に庭に置いてある物が大量に盗まれ、警察へ被害届を出しました。その際に警察から何らかの防犯対策を勧められたので、庭を録画するために防犯カメラを設置しました。それでその植木被害があった日、外出前は無事だった植木、帰宅すると枝が折れているのに気付き、カメラをチェックすると、ボールが入り枝を折り、そのボールを取りに入って来たⅯ氏親子が映っていたので確認できました。

 

金額にしたら数百円の植木なので、補償うんぬんではなく被害が小さいうちに被害報告と、ネットを高くしてもなぜ入るのか不思議だったので、それも兼ねてⅯ氏に相談しに行きました。

 

以下その時の会話です

 

私「スミマセン。ご相談があるのですが…」
Ⅿ氏(ご主人)「…」
私 「ネットを高くして頂いて、時間も調整して頂いたのですが、それでもボールが入ってくるのが不思議で…」
Ⅿ氏「ああ、子供のミスショットですね(フフッ)」と…(ボールを入れて迷惑をかけている認識は全く無し)
私 「そうですか、実は先日ウチの庭にボールが入った際、植木に当って枝が折れたので、
どうしたら良いのかご相談に伺ったんです」
と言ったら突然…
Ⅿ氏「あぁ~っ、見た目の悪いネットをしてやって、
金かけてフットサル場まで行ってやってんだよ~」と恫喝。
続けて「そんなこと言うんなら、ここのコミュニティーの問題になるんだよ」と…。

 

私「相談」しに行ったのに…あれれ、お隣さん(Ⅿ氏)のご職業ってどこかの組の方???と思うほどの近所の奥さんの私に凄んで恫喝。
続けて、論点ずらして「ここのコミュニティー」って、Ⅿ氏の意図がイマイチ理解できませんでしたが、多分ご近所みんなで遊ぶことと関連づけているだろうと思い、「それは屁理屈ですね」と言ったところに、奥さんが騒ぎを察して自宅から出てきて「どうしたんですか?」と…

 

もう一度、「ボールがウチの植木に直撃して枝が折れたので、弁償うんぬんではなく被害が小さいうちにご相談しに来たんです」と説明。奥さんは一応、スミマセンと言いましたが…
Ⅿ氏は「そいう言うのを補償する保険に入ってるから請求してくれていいし、それよりもそちらの庭のレイアウトを変えるとかしたらいいじゃないですか」と…。

 

しかも、それに続けて奥さんも「わざわざそんなボールが当たるとこに植えなくても…」と後押し。

 

ひぇ~、意味がわからないこのご夫婦の対応!自分の自宅の庭に何を植えようが、隣家に迷惑をかけないものであればどこに植えようが自由ですよね?それを聞いてこのⅯ氏夫妻とは話が成り立たないと思い、「もういいです」(あくまでも穏やかな口調)と話すのをやめて帰ろうとしたら、奥さんはそれはまずいと思ったのか?「後でお話ししましょうよ」と…。
そして、後日Ⅿ氏がいない時に奥さんと話しすることに…。

 

話に行って、奥さんから開口一番「お互い様ですよね」と。なんですか?この発言。

 

サッカーをして騒音を出し、ボールを我が家に投げ入れ被害与えたのはⅯ氏家族が原因なのに「お互いさま」なんて、日本語の使い方間違っていやしませんか?

 

まぁ気を取り直して、先日Ⅿ氏が話していた「保険で」と言ってたけど、そう簡単に保険会社から認めてもらえるものじゃないので、保険と言うことではなくそうした被害が出ない措置をと話してたら…。奥さんが「えっ、うちはそんな保険入ってないと思うのでその話は忘れて下さい」と…。はぁ???って、Ⅿ氏は私に口から出まかせを言ったのです。

 

人を恫喝しておいて、保険でやると豪語し嘘つくなんて、Ⅿ氏は本当に信用できません!

 

またⅯ氏が私に恫喝した際は奥さんが出てこられる前だったので、あのように私に恫喝したのはなぜか?Ⅿ氏が奥さんにどんな報告をしたのか尋ねたら、「子供のサッカーが下手だと言われたから怒ったと聞きました」と…。

 

えっ?そんなこと微塵も言っていないし、「子供のミスショット」と言ったのはⅯ氏ご本人。さすがにこの時は奥さんに失礼だとは思いましたが、「ご主人って平気で嘘つくの?いくら何でも他人様の子供の事を親の前で悪く言わないし、しかもサッカーの事で言うわけがないです(同種のスポーツをしていてはるかに上手いなら言えますがそんなこと言うのは失礼だし

 

もし自分だったら言われるのは嫌な事と普通に想像できる人間なので絶対言いません)」と、私。何ですかね~、Ⅿ氏って。私を悪者にしたいのでしょうか?しかも自分の妻に嘘の報告なんて、どんな夫婦関係なのでしょうか?

 

しかし、その奥さんから、自分たちは(Ⅿ氏宅)ネットを高くしたのだから、あなたの方(被害者の私)も対策をしたらどうかとも言われ、それプラス「そちらが苦情を言うのならウチも言ってもいいですよね」と。

 

はぁ?そもそもボール入れて来るのはⅯ家。この子供じみた仕返し、意味が分からない。と言うか仕返しをしないと気が済まないご夫婦なのでしょうか?
まぁ、それに対し「我が家が非常識なことをして迷惑をかけているのなら言われても仕方が無いことだし、年齢関係なく話してもらっても構わないです」と自分で言うのもなんですが、私は常識のある返事しておきました。結局、この話し合いはボール対策等で話はまとまらず終わり様子見になりました。

 

20185月」

 

その後まだボールは入り続け、今度は人のすぐそばをボールがかすめるような怖い思いをしたので(4mのネットを飛び越え10mほど飛び入るので、数百グラムのボールでも落下時はキロの荷重がかかるはず)、奥さんに、ボールが入ってきて人に危害が及んだらどうするのか?そうなってからでは遅いので、天面ネットができないなら、サッカーボールではなく軽いビーチボールでするのを提案しました。

 

奥さん曰く、それは庭に入る確率が多くなる(本当か?嘘か?不明)との事で即却下。

 

その後我が家で色々話し合った結果、Ⅿ氏宅では業者がすでに4mのネットを張っているので天面なら私たちにもできると考え、当方で天面ネットを張りましょうか?と協力を申し入れました。
それは後日、奥さんから丁寧にお断りされました(雪が積もり面倒くさいからとの事ですが、当方の案はそれに対応できるようなカーテンの様な仕組みの開閉式を提案しましたが聞き入れられず)。

 

その際に、奥さんが「もうこんなことで話すのは困るんですよ、うちは子供3人もいて大変なんです」と、結局隣人に迷惑をかけている認識なし。

 

続けて「旦那同士で話したらいいんじゃないですか?」と…。私「でもあのご主人(Ⅿ氏)の様子ではケンカになりませんか?」、奥さん「いいじゃないですか、ケンカしたって」と、すでにケンカ腰。

 

Ⅿ氏夫妻には20179月相談しに行き、20185月上旬までの間、騒音やボール飛来での迷惑行為で被害を受けても当方への正式な謝罪は一度もありません。

 

道路族.comさんの体験談で、「自分の子供じゃなきゃ謝らない道路族」ってありましたが、原因が親自身、子供ではないその大人が謝罪すべき相手に対して「子供が3人いて大変だ」と平然と言い放つってどういう神経なのか?そんなに「3人は大変だ」とⅯ氏奥さんは言ってますが、ある月はバイトに行ったのはたったの5日ぐらいで小学生の子供2人は学童保育にあずけ、3人目の下の子は無料保育へ毎日預けて日中子供たちがいないのに何が大変なの???って、ここ田舎ではありますが待機児童いるらしいのに無料保育ってそんな使い方していいの???って、子供が1人いるお宅よりもラクなのに、何でも夫婦そろって「面倒くさい」と発言するだけあって子育ても面倒なの?そんなラクな状況なのに「3人は大変」と言うなら、これ以上その問題の元になる子を無計画に増やさないで!とご忠告申し上げたかった。

 

因みにサッカーをするのはこの氏宅だけでなく、すぐ斜め向いのX氏宅。
X氏は子供たちにサッカーを教えているコーチで同じように設備不備のまま庭でサッカーをしています。

 

この2軒の家族から被害を受けている近隣住民は我が家を含め5軒。(このⅩ氏は○○県クラブユース連盟にも加盟、SNSには‟周囲の人たちも幸せに…みんなに愛される〇〇をめざせ“と書いていますが、少なくとも周囲3軒はこのコーチ宅から被害を受け幸せではありません)皆さん同じ年代の子供がいるご家庭なので、苦情を言えば仕返しが子供や自分たちにされるかもしれないと思うらしく、苦情を言えず我慢しています。

 

そもそも、サッカーってあの大きなサッカー場でするスポーツです。それを自宅とは言え、道路や狭い庭で思いっきりボンボンと蹴るのは物理的に無理があります。やっている本人Ⅿ氏曰く、「サッカー遊びだそうです。しかし、どうみてもやっていることは本格的なサッカー競技。週何日か知りませんがサッカークラブに通い、庭でもサッカーシューズを履いてサッカーボールを思いっきり蹴って行うなら、遊びではなく十分本格的なサッカー競技です。

 

遊びならそれこそビーチボールでいいじゃないですか?どこが遊びなんだ?と思います。それでも、我が家ではサッカーをやめろとは一度も言っていません。してもいいから時間短縮&隣家に入らないように設備を整えてほしい、と十分譲歩して言っているのです。
一般的に住宅街の多くの公園はボール遊び禁止です。それを考えれば住宅街での公園よりも狭い自宅庭でのサッカーをすれば近隣へ騒音被害はもちろん、ボール飛来により物理的人的被害を与え、常識人ならすべきではないと考えるのが普通ではないでしょうか?

 

しかもスポーツってルールを守り行うもの、そうしたサッカーをする本人や本業のコーチまで近隣住民への迷惑を顧みないなんて、それでいいのですか???とサッカー協会にお尋ねしたい!

 

実は私たち夫婦も別のボール競技をしています。
自分の庭で出来ないものでもありません。でも、この人たちのように近隣に迷惑をかけ平気な人間ではないので、時間がかかっても車で往復2時間かけて行き、お金を払い専門の場所で行っています。

 

そこまでしてお金がかかるのが嫌なら隣人宅にボールを入れるような練習ではなく、入らないような練習、例えばボールを使うのであればリフティング、他はフットワークや体幹トレーニング等に変えればいいのです。
狭い所でボンボン蹴るだけでは距離感やコントロール等を上手く養えません。でもⅯ氏は「それでは子供が満足しない」と言いはなち、全くの自己中。

 

しかもX氏について言えば、職業がサッカーコーチなのに近隣住民に迷惑をかけいても平気なのが、心底不思議でなりません。全てとは言いませんがサッカーってこんな非常識な人間を作ってしまうスポーツなのでしょうか?

 

と言うことで、狭い庭でサッカーをするとどんな被害が出るのか実際にあった被害と
Ⅿ氏の子供たちからのサッカー以外の被害も書かせて頂きます。

 

  1. サッカーボールが車に当たり塗装が剥げる。
  2. サッカーボールが車に当たりドアが開かなくなる。
  3. ボールが庭に入り置物や照明を倒し破壊。
  4. サッカーを道路でも行うときがあり、我が家の門のゲートへボールが当たりその部品が壊れ落下。
  5. X氏宅庭での長時間のサッカーによる隣家への騒音被害。  
  6. Ⅿ氏の子供が、隣家の池の魚をつつき死なせる。
  7. Ⅿ氏の子供が、隣家の犬に蹴りをし、他の家の犬には石を投げる。
  8. Ⅿ氏の子供が、大人にも石を投げる。注意しても言うことを聞かない。
  9. Ⅿ氏の子供が、駐車場の砂利を道路にまき散らすが全く片付けないまま、共有道路が砂利だらけ。
  10. Ⅿ氏の子供が、意味なく散水ホースで水を他の家や道路にぶちまける、当方が注意しても言うことを聞かない。
  11. Ⅿ氏の子供が、我が家の庭にタチションするが、見てる親は注意せず。
  12. Ⅿ氏の子供が、近所の女の子たちと砂遊び中、女の子たちを恫喝。親は注意せず。(恫喝口調はお父さんと同じ)
  13. Ⅿ氏の子供が、無断で隣家に入り(フェンスを乗り越え)そこの家のお菓子を勝手に食べ、その袋を隣人の目の前でそこの家の庭にゴミをポイ捨て。(ポイ捨ては日常、そのゴミが我が家庭へ飛んで入る)
  14. Ⅿ氏家族とⅩ氏家族が共有道路で夜に花火をし、花火の残骸を片付けず汚したまま放置。

 

他、庭でサッカーをするⅯ氏宅とX氏宅の設備には不備がある為、当然、ボールは外に出て他人の庭に入りそこへ不法侵入し、そこの花壇や庭から蹴ってボールを戻す、隣家の外壁には当たるのも日常、いつかは外壁がゆがみ雨漏りの原因にもなると考えられます。

近隣には太陽光発電のパネルがありそこにもボールが跳ね上がることもあります。太陽光パネルって柔いですから衝撃で壊れる可能性もあります。

そして、⑬の「Ⅿ氏の子供が隣家のフェンスを乗り越える」この行為は以前、Ⅹ氏宅の庭からⅯ氏が自宅へ戻る際に道路を通るのが面倒らしく、Ⅹ氏の庭のブロック塀(2段ブロックの上に1mほどの軽量フェンス)を乗り越える行為を大人の親自身のⅯ氏が行っていたのでその子供たちが真似してフェンスを乗り越えるのです。

子は親の背中を見て育つとはまさにこのこと。そうした悪いお手本があるから他人の家のフェンスを乗り越え隣家を荒らすのが平気な子になってしまうのです。

 

Ⅿ氏自身、身長は高くはないけど(Ⅿ氏奥さんはチビと言ってました)少なくとも体重は5060はあると思われる人間が体重をかけフェンスを何度も乗り越え行き来していたからなのか???もしくは、Ⅹ氏宅でサッカーをする頻度が多くその振動でなのか???原因は不明ですが、Ⅹ氏宅のⅯ氏が丁度乗り越えていた部分の基礎ブロックが早くも壊れ、補修工事をしてました。

まだ築5年ぐらい、サッカーを庭で激しくやっていた期間はほんの2年程度で基礎ブロック崩壊なんてどれだけ思いっきりサッカーをしてるのか!Ⅹ氏だからブロック崩壊に気づいたから良かったものの、Ⅿ氏夫婦では何事も「面倒くさい」と言い放つ性分、そんな人々にブロック崩壊や設置している単管の腐食等に気づくのか?

キチンとメンテをしなければ我が家に倒れる危険性もあり、心配は尽きません。

話がそれましたが、被害のひとつひとつは小さいかもしれません。でも、それがこれからも起こり続けますし、それよりも大きい被害となりかねないのです。

 

理性とか良心、人を思いやる気持ちや想像力がないのですかね?さらにⅯ氏の子供への躾について言えば、基本中の基本、ボールを取っても「ありがとう」も「スミマセン」も言わせないなんておかしすぎます。彼らにとってスポーツマンシップなんて言葉は皆無なのでしょうか?

 

昨年(2017年)まで、Ⅿ氏の子供たちに私は「おはよう」と声掛けをしていまた。
しかし、一向に返事がないのを不思議に思い、Ⅿ氏の子に「他の人からおはようと声をかけられたら同じようにおはようって言うようにお父さんやお母さんは言わなかった?」と尋ねたら…「うん、そんなことお父さんは言わないよ~優しいでしょう」と子供の正直な回答。あいさつのしつけすらされていないⅯ氏の子供たち、ある意味気の毒ですね。この地域で同年齢の子たちは挨拶もするし、近隣に何か迷惑をかけても謝ることもできます。

 

子供なので何でもできるわけではないのでしょうが、日ごろからその親がどうすべきかを教えなければ、ただサッカーができるだけで協調性がなく、人を思いやりに欠ける他人に親切にすることができない子になるだけです。
まぁ近隣ではそんな状況なので、ご近所の方々は上記の様な被害を受けそれを避ける為、子供が入れないように門を高くしたり、オープン外構なのを高いフェンスやゲートを取り付け、車を守る外構に変更など、皆さんお金をかけ自衛手段をしています。

 

ただ、我が家はボールが入ってくる方向が様々な為、正直防御のしようのない立地となっていて、するなら学校にあるような10m以上の高さのネットをするか、我が家と庭をすっぽりかぶせるネットをするしか方法がありません。

 

まだこんな状況でⅯ氏と対決中ですが、この方嘘がお上手で、ご自分で私たち夫婦の前で誓約書(①ボールはビーチボール使用、②12時間まで、③器物破損と人的被害の補償、④当敷地に入らない、⑤①~④が守れない場合はサッカーをやめる、と言う内容)を書く!と豪語し約束をしていながら、後日には都合が悪いと思ったのか?自信がないのか?書名しないと簡単に翻しました。

 

理由は①と②は制約される法的拘束力がないと会社の顧問弁護士からアドバイスを受けたとの事。
で、この「会社の顧問弁護士」と言う話に当方が「通常会社の顧問弁護士と言うのは個人の問題に関与しないですがそれを個人の問題に介入するなんてすご~い会社ですね」と嫌味込めて話したら「まぁそれは…知人の弁護士で」と、会社の顧問弁護士と言うのは嘘でまた口から出まかせがバレバレで、しどろもどろの回答。なんでも見栄張って口から出まかせ言うのがお好きですね。不用意に出まかせ言う場合はキチンと答えを用意しておかないとね。

 

そして、次の書面を持ってきました。
「この度は○○家の庭でのサッカー行為について(一応、謝罪の言葉)申し訳ございませんでした。今後ご迷惑をお掛けしないよう下記事項をお約束したいと考えております。①原則、親の監視下でする、②損害補償、③ボールが入ったらインターフォンを押し声掛けしてから取りに入る。以上、子供が成長し庭でサッカーをしなくなる時期が来るのでご理解願います。」と…。

 

全文ではありませんが、この文書読んでどう感じますか?書面での回答は初めてでしたが、私たちは「またか」です。
まず、この書面には誓約書等の表題がないもので「考えております」とか「原則」と言う言葉を使用し、「考えるのをやめました」とか「原則NG」となり撤回でき何も拘束されない文章となっております。また、最後の「庭でしなくなる時期」はないと予想しています。と言うのはⅯ氏宅で子供たちに教えているのは大人の親自身、しかもⅯ氏の兄弟(大人)とその子(中学生)が遊びに来てサッカーやっています。つまり大人になっても庭でサッカーをすると推論できます。そして、②③は常識事項を書いただけ。要はこれからもサッカーするから時間制限もしませんし、ボールも入るから我慢してね、って言うただの「宣言書」です

 

この時(問題発覚から9か月後)にⅯ氏本人が正式謝罪を初めてしたのですが、謝る前にⅯ氏は主人と2人だけで話したいと要求、しかし当方夫婦は何事も2人で決める家庭で、それは受け入れられないと主人が丁重に断ったら、「じゃーいいや」と投げ捨てるように一言。

 

隣人を前にして、まぁ~言葉使いが悪い、どういう躾を受けて大人になったのか?
しかも、Ⅿ氏は主人にだけ謝りたかったようで、この書面を見た私が異論を出した際、私の事をさし「ほらね、こうしたガヤはいらないんです」とつまり、外野は口挟むなと…。

 

はぁ?私、外野ではありません!常時在宅者の私の方が主人より被害が多いのにそれを「外野」呼ばわり、Ⅿ氏の心の内(謝る気がない)がよ~くわかります
それと、Ⅿ氏は「こんなことで時間を取られるなんて面倒くさいんで、次からは書面でポストへ」と…。これって、謝る人の態度・言葉なのでしょうか?謝罪の言葉を発しただけで被害者に平気で失礼な発言、しかも文章まで矛盾した内容を書いて、これからもサッカーをして迷惑をかけます宣言。

 

30も過ぎてこのⅯ氏ってこれまでどんな人生を送られてきたのでしょうか?この方の思考回路ってどうなってるのか?好きなサッカーを制限されるのは気に入らないのかもしれませんが、大人として被害者への謝る態度を示す事すらできないって、ワガママなお子さまですか???と、子を持つ親なのだから子供たちの為にグッとこらえる事も出来ないってこの方「大人」なんですかね?何事も思い付きで見栄張って、何しに来られたのか?意味不明です。

 

そもそもこれまでの話し合いでも、1月に私に恫喝したのも言っていないと否定して嘘をつく。
子供が上記の様な状態なのに躾してる!してる!と言い張り、「よ~くこんなうるさい所へ引っ越してきましたね」とか「コミュニケーションを取る気があるんかっ?」と悪態。また、1月から5月までの間に当方庭へボールが飛び入ったのが実際何度もあるにもかかわらず思い込みでⅯ氏は「入ったのは1月に1度だけ!その他は何月何日何時何分なんだ!」と言い子供じみた対応、奥さんはウチの庭でサッカーをしたがるのはX氏の子供、ボールを入れるのはうちの子だけじゃなく近所の子、と…他人のせいにする始末
私は幼少期、嘘をついたらドロボーの始まりと躾されて真面目に生きてきた人間、隣人に対して平気で嘘をつき、他人に責任転換するなんて、人として恥ずかしいことと思うのですが、こう考えるのは時代遅れなのでしょうか???このⅯ氏夫婦の思考回路は想像だにせず、この夫婦の対応には驚くばかりです。道路族.comさんの体験談でも「道路族親は嘘つきばかり」とありましたがこのモンスターサッカー族も同類です。

 

挙句の果てに…
「そちらが苦情を言うならうちも言って良いですよね?」仕返しが次の3点。

 

  1. 「(我が家の)庭や家庭菜園の砂ぼこりがきて困っていると近所の人が言っている」と他の人の苦情をちらつかせる。(ここは東京ではなく〇〇県、周りは畑・田んぼ・空き地など「土」のある所は沢山、しかも冬には強風が吹き付ける地域、Ⅿ氏宅北側には(ウチより近い距離)他の方の家庭菜園が隣接、つじつまが合わない難癖)
  2. 「ペットの獣臭がする」
    (外飼いでもなく、無臭のペットでⅯ氏はウチのペットに近づいたこともないのでこれも難癖)
  3. 「水槽の水の音がうるさいから他の場所に移せ」
    (Ⅿ氏宅から数メートル離れていている場所に設置しており、サッカーのボールを蹴る音の方が遥かに大きく何デシベルですか?と聞き返すほどの小さな音。またしてもつじつまの合わない難癖)
    と、Ⅿ氏家族がしでかしてる非常識な行為ではない些細な難癖の仕返し、あまりにも思い付きな発想で幼稚すぎる。

それで、③の「水槽の移動」については「場所ならあるんだからすぐやれ!」と言われましたが、このⅯ氏って「動植物を含む生き物」については無知らしく、私が「水槽を動かすにも植木を移動、それは移植時期が悪いと枯れて死んでしまうので今すぐには出来ない」と説明しましたが聞く耳を持たなかったのでさらに「当方は今すぐできなくても検討すると答えているわけで、昨年9月から今日までサッカーの事でずっと揉めている期間と比べればマシですよね?」と私が答えたら、Ⅿ氏は「ウチがそうしたからかっ」と…。

もぉ~、本当に受け答えが幼稚で、子供のケンカじゃないのです。

私は「期間の比較」しただけでⅯ氏からされたから仕返ししてるわけでもなく、すぐにできない理由を説明し前向きに検討していると説明してるのに全く人の説明を聞かないって、思考回路がまともじゃないのか?聞く能力がないのか?なんか、Ⅿ氏って男性なのに女性並みに思い込みが激しくてとても感情的な珍しい人。不思議です。

その点心当たりがあって以前、Ⅿ氏奥さんと話していた際、Ⅿ氏奥さんが「そろそろ旦那が帰ってきちゃう」と私に言って、奥さんは妙に焦っていて、私はご夫婦そろって話を聞いてもらった方が良いと思っていたので気にしなかったのですが、考えてみればⅯ氏のこれまでの私への恫喝や失礼な発言などは奥さんが言っていた「チビで気が強い」のもあるかもしれないけど女性に対して何かのコンプレックスがあって極端な男尊女卑主義者ではないかと…。まぁ~、単に私の事を嫌いなだけかもしれませんが…。

 

先日、我が家は立地的にこの家族が庭でしゃべる会話、特にⅯ氏の男性の声は我が家にまる聞こえでウチの事を指して発言したのか知りませんが「結婚をして子供を産まないなんて何で結婚したのか意味がない」などと客人と差別的な会話をしていました。

 

そうビックリはしませんでしたが、今話題のどこかの政治家と同じで「生産性がない」と言ったのと大差無し。
では逆に、計画性なく産んどいて最低限の躾もされない子が近所に迷惑をかけ、しかもその親までそれ以上の醜態で何でも子作りすれば良いのではなく、しかも、そんな無責任な親を見てきたから我が家は嫌で産む気が失せたわけで親として立派なお手本を示してみなさいと嫌味込めて、助言申し上げたかった。
 
と、こんな隣人に振り回され、引っ越しも検討しましたが、単管を柱にして高さ4mの緑色のネットをし、さらに先日、嫌がらせなのか?
はたまたサッカーをしている様子を隠す為?いつも挨拶の声をかけるのは年上の我が家、その声をかけられたくないのか???
その4mネットに重ねるように黒のネットをかぶせ異様な外観にしました(するなら天面にやれば丸く収まるのに、以前私に恫喝した際「見た目の悪いネット」って自分で言ったくせに、自分でさらに見た目悪くして発言が矛盾し相変わらず一貫性のない方)。

 

以前の緑のネットの時でさえ、初めて我が家に遊びに来た知り合いが「庭でサッカー?????」と驚いていました。サッカーをすると言うだけでも相当印象悪いのに、そんな変な外観にした隣家のある家なんて売れるわけもなく、このⅯ氏の行為により資産価値ゼロにされてしまい、引っ越しなんてできません。

 

何度も言いますが、そもそもサッカーはサッカー場で行う競技、子供たちに人気のスポーツでサッカー人口も多いのでしょう、Ⅿ氏のような非常識な親がいる限り、道路や庭でサッカーをする近所迷惑な人々はこらからも増えます。

 

そういう意味でこの問題は単なる個人の問題ではなく、「サッカーによる騒音被害と迷惑行為」と言うことでサッカー協会に意見書提出して、協会としての見解を伺ってみたいレベルの話です。
協会としても非常識なサッカー人間を育成していちゃイメージダウン。野球の大谷みたいな人格者を育ててほしい。って、でも野球だからできたのかな?私もクラブで色んなスポーツをしている子供たちに出会いますが、やはり野球少年の方が礼儀正しく好印象。どんなスポーツをするかで人格に影響されるのかも?と感じることがあります。
スポーツはルールがあって行うもの、プライベートであっても迷惑をかけ隣人を悩ませ、挙句の果てに嘘や暴言、仕返しをするなんて如何なものか?スポーツマンなら、近隣へのマナーや礼節等、大切なのではないのでしょうか???今年、ワールドカップで西野ジャパン敗退してしまいましたが、それでも彼らは自分たちが使用した現地のロッカールームを掃除して帰り、現地の方々から称賛されました。これは日本国民ならではですが、そのようにスポーツって周囲にさわやかな影響を与えるもの。同じ国民のⅯ氏、Ⅹ氏には見習ったらいかがですか?と言ってみたいものです。

 

最後に…重複しますがまとめで
道路でサッカーをするのも、たとえ自宅の庭でサッカーをするのも
近隣への重大な迷惑行為!
我が家とⅯ氏との会話等を読んで頂ければ十分お分かりの通り
それを子供にさせている「親に問題」があるのです。
実際に物理的な被害があることを忘れないでください。
なので、近隣住民が神経質なのではありません!
子供にさせている親に問題があるのです!!!!!
そして…
「道路や庭で子供たちにサッカーをさせているその親の方々」
我が家の様に被害を受けながらも頭ごなしにやめろとも言わず
譲歩してコミュニケーションをとって様々な提案や協力を申し出ても
加害者側が真摯な対応をせず非礼をして、関係に亀裂を生じさせた場合
加害者側に得にならない面倒な結果を招く事をお忘れなく!!!

 

「サッカーが嫌いになったスポーツの好きな夫婦」より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ