【道路族体験談】エスカレートする道路族が夫婦喧嘩の原因に

今回も道路族被害の体験談を頂きました

アパートにお住まいの被害者様からの道路族体験談です

 

以前も記事内で触れた事がありますが、道路族被害に合うと夫婦間に問題が生じる事が多くなり夫婦円満ではなくなってしまう事もあります

非常識な人々のせいで、夫婦喧嘩が多くなるなんて本当に許せない問題です

 

エスカレートする道路族が夫婦喧嘩の原因に

 

8世帯のうち、4世帯+大家の子供にあたる家族も含まれる5世帯の家族がアパートの敷地内を遊びまわり迷惑してます。

(大家の子供の家は戸建てで同じ敷地内にあります。)

結構何年もガマンしてきました。

何年も夫婦で話し合いましたが、何とか穏便に済ませたい私と、強引に進めたい主人とで、かなり揉めました。

ですが昨年6月、とうとう私がガマンする事に疲れてしまい、とりあえずはと、管理会社へお願いして、注意喚起をしてもらいました。
でも数週間のうちに元通り。

そこから更に遊び方はエスカレート。

アパートの敷地内、奇声を出しながら隅の隅までかくれんぼや鬼ごっこをし、自転車でベルを鳴らしながら走り回り、ボール、アパートの階段を遊具代わりにして遊ぶ。スゴいのは階段上がったところからボールを投げて、自転車置き場の屋根に当てて楽しんでる。(祖父も一緒)

そしてキャッチボールから、レベルアップして、投げて打っての野球ごっこ。

アパートは道路から高い位置にあり、アパートの出入り口は坂です。

その坂を野球ごっこやキャッチボールでこぼれたボールが転げ落ち道路へ…などが、天気の日だけでなく、多少の雨が降っていても遊ぶ。
幼稚園や小学校から帰って夕方の6時まで、ひどい時は夏休みなどの期間は、午前も午後もです。

敷地内には駐車場もあります。
縁石を自転車で乗り越えようとしたり、平気で車の近くまで自転車で飛ばして走り回ります。車に何かされてはと、ヒヤヒヤ。

すべて近くには親が居ますが注意しません。

昼間居るのが良くないのかと、私はパートから帰ってすぐ支度して、無駄に出かけていました。

そしてそれを続けているのも疲れ、再度管理会社へお願いを。今回は、注意書きの貼り紙を付けてもらいました。

でもそれでも、ほんの数日の効果でした。
母親はアパートの階段にどっしり座って、目の前の子供達は自転車でビュンビュン走り回り…。
ケロッとした様子で挨拶をしてくる。
開き直り…。

私はこういった繰り返しに疲れ果て、主人に引っ越しをすすめるも、即却下。

主人はこちらは悪くないから、金がかかる、引っ越しは簡単じゃない。の繰り返し。
このことで夫婦ゲンカも増えました。
こんなに日常で疲れることが続くのは絶えられません。

長文、失礼いたしました。
読んでくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ