【道路族騒音被害対策】二重窓を検討してみる!インプラスとプラマードどっちがいいのか

今回は、道路族のうるさい騒音をシャットダウンするための最終兵器である二重窓について考えてみましょう!

二重窓は、光熱費が安くなるとか結露防止とか日差しをカットとかの理由で施工する人がおおいのですが、私たちが施工する理由は1つ

防音効果です!

二重窓は有名どころの2社が2強です

リクシルのインプラスYKKのプラマードです、この2つが二重窓のシェアのほとんどを占めていますのでどちらかを選んでおけば間違いないでしょう!

 

では、二重窓についてお勉強していきましょう!

【道路族騒音被害対策】二重窓を検討してみる!インプラスとプラマードどっちがいいのか

 

そもそも二重窓がわからない人へ

引用元

二重窓とは既存の窓の部屋内側にもう1枚窓を取り付ける工事です、マンションでも戸建てでも大抵の物件には取付が可能です

しかし、既存の窓の内側に窓枠があると思いますが、この窓枠が7㎝以上ないとその状態での取付は出来ません

窓枠が7㎝以下だった場合は、附属品で補うかもしくは大工を入れて窓枠をふかしてもらう必要があります

 

工事時間はとても早い!

二重窓の工事は最近話題の1DAYリフォームの類ですのでとっても早いです

掃出し窓で約1時間程度の作業で取付が完了しますので、リビングや部屋の窓など数か所取り付けても1日で工事は終わります

基本的には、新しい窓の4方枠をビスで止めるだけの作業後、窓をはめるだけです。日曜大工が出来るご主人などはご自分でも取付出来る程度の難しさですよ

 

二重窓の性能

メーカーが押している機能は、結露防止と光熱費削減がメインだと思うのですがこちらは防音対策がメインなのでその部分のみ触れていきます(笑)

 

引用元

こちらはリクシルのインプラスのカタログからですが、約80デシベルの騒音が40デシベルになるというほど圧倒的に静かになります

40デシベルと言えば図書館並みの静かさです

画像引用

40デシベルまで下がればかなり快適な生活が送れるのではないでしょうか!もちろん家や環境によって誤差はあるものの、うるさいのは解消されそうです

住宅の音はほとんど窓から入ってきているという話もあります、壁からではなく窓のガラス越しに聞こえているのだと言いますので家の弱点である窓を強化することで騒音対策になる事間違いなしです!

 

カラーバリエーションもいろいろ

お部屋の雰囲気に合わせてカラーバリエーションも豊富です、さらに和室用に見た目が障子の二重窓などもありますのでお部屋のイメージを損なう事はないでしょう

こちらはインプラスのカラーサンプルです、プラマードも似たような色を取り扱っています

 

インプラスとプラマードの大きな違い

ほとんどの性能が似ているインプラスとプラマード、どちらを選ぶか悩みますよね?

そこで大きく違う点をあげておきます、もしその機能がとっても気にいるようであればそちらの二重窓を選べばいいと思いますよ

 

インプラスの特徴

キッチンやお風呂などの小窓に取り付けるサイズの二重窓のラインナップの中には、窓の中にブラインドが入っているものがあります

新しく付けるインプラスはペアガラスになっているため、ガラスとガラスの間にブラインドを付けた物があります。目隠しをしたいときなどに便利なブラインドですが窓の中に入っているので汚れや掃除を気にしなく手もいいという利点があります

引用元

 

プラマードの特徴

プラマードの最大の特徴と言えば「お手軽ロック」でしょう(個人的な感想です)

引用元

窓を閉めるだけで施錠できる安心の戸先錠仕様[日本特許取得済]

窓の真ん中にある鍵をクレセントと言いますが、プラマードはクレセントではなく取っ手側に鍵があります。開け閉めの動作の中で鍵の開閉が行われますので、通常「鍵を開ける」+「窓を開ける」の2アクションのところを1アクションで行えます

勿論、閉めるときもワンアクションです

 

二重窓にするならペアガラス(複層ガラス)にすべき

二重窓を施工する際に、窓のガラスの種類を選べます。単板ガラスは通常の1枚ガラスですが、価格が上がると複層ガラスを選択することが出来ます

防音、騒音対策を考えた場合「複層ガラス」を選んでおいた方が間違い無いでしょう

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?今回は二重窓についてまとめてみました

どうしても音がうるさいと悩んでいるなら是非検討してみる価値ありだと思いますよ!

リショップナビ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ