道路族体験談 転校で子供は沢山の友達を無くしました

道路族体験談を頂きましたのでご紹介いたします。

道路族のボス等の実名・職場名なども合わせて頂きました。悔しいですが、もちろん掲載することは出来ません。

しかし、そのくらい道路族被害者は怒っているという事をお伝えしておきます。

 

道路族被害体験談

 

私はこの近所の人達のせいでマイホームを手放す事にしました。

それは、引っ越ししてから始まりました。 元自宅は新興住宅地で旗竿地、目の前の道路は公道で袋小路。

子供達が遊ぶにはかっこうの場所でした。 子供が幼稚園の時は夏休みになると朝から晩まで家の前の道路で子供を遊ばせ親はそれに付き合わないといけない。

途中で買い物とかで帰ろうとするとその親達に睨まれ、付き合わないとハブにされました。

ビニールプールを道路へ持ってきたり日陰に縁側台を持ってきてそこでゲームをやらせたり、ボール遊びやかくれんぼ、道路にチョークでお絵かきしてそのまんまでした。

その遊びは夜の7時半まで続き暗くなると家の玄関の照明を付けて遊ばせていました。

小学生になったらうちの子も学校の友達と遊ぶ様になり、近所の子達も道路で騒がなくなったのでいいかな~と思ってたら、今まで仲間に入ってなかった近所の子も小学生になり、また道路で騒ぐ様になりました。

ボール遊び、道路にチョークで落書き、キックボードやブレイブボードを乗り回し、騒ぎ声をあげる。

近所の子で幼稚園の頃からうちの子をいじめる子がいまして、その輪に入らなかったうちの子は近所の子全員が学校で睨んだり暴言をはかれたり無視されたりする様になりしました。

 

学校に相談も行きましたが近所の事は何も出来ない。

学校での事は対処しますと言われ何の解決にもなりませんでした。

 

毎日、学校から帰って来ると道路で騒ぎ、土日も関係なく騒ぎその道路を通らないと出かけられない私達は毎日苦痛でした。

そして、ボスママ的な親がいたのですがその人は毎日私の斜め前の家(手下)の玄関に座ってはずっとおしゃべりをしてて、そこを通らないと外出出来ないのでその人が居なくなるのを見計らって外出していました。

 

子供達はそのボスママの指示で道路で遊んだりやめたりしていました。

そのうち、近所の親達も私を無視したり嫌がらせを受ける様になり、引っ越す一年前からは近所が警察沙汰で生きた心地がしませんでした。

 

今はとても平和に生活しています。 ただ、子供はたくさんの友達とさよならをし新しい学校も中々馴染めず苦戦している様です。どうしてうちだけがこんな目に合わないといけないのか? 近所に合わせて生活をしなければいけないのか、全く分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ