【ご近所トラブル】詐欺の拠点?!非常識なお隣さんを通報しました!

今回頂きました体験談は道路族の被害ではないのですが、超レアケースのご近所トラブルだったのでご紹介させて頂きます。

 

詐欺の拠点?!非常識なお隣さんを通報しました!

 

私が住んでいるマンションは分譲マンションですが、築年数が25年程度と古いため、住人の40%が賃貸で入居している人たちです。

 

私は3年前に中古マンションとして購入し、入居している人間なのですが、隣の住人は賃貸借契約で入居している住人でした。
この隣の住人は、私がマンションを購入して住み始めてから1年後、入居してきました。

 

その隣人は40歳前後の女性だったのですが、隣に住んでいる私に挨拶に来たときに「私はふだんは一人なのですが、たまに男性が来るんですよ」と話していました。

私は事情を聞いてみようとは思いませんでしたが、少し不信感を抱きましたし、もしかしたら非常識な人間なのかもしれないと思いました。

 

ただし、それから3ヶ月間は非常識な振る舞いは何も発生せず、私も分譲マンションでの生活を楽しんでいました。

 

ところが隣人が入居してから3ヶ月経過してから、たまに隣の部屋から男性の声が聞こえてくるようになったのです。

しかも深夜の0時や1時といった時間帯に、ベランダ越しに「いまビットコインを買っておけば、必ず儲かるんですよ」とか「最近はビットコイン以外にも、アセットコインという仮想通貨があって、いま私の手元に1000万円分在庫があります。

このうち500万円分をお譲りします。このアセットコインも、いまの仮想通貨ブームにのって、あっというまに100倍の5億円にまで価値が上昇しますよ!」と大声で叫んでいるのです。

 

どうやら携帯電話で喋っているようでした。何度か、この男性を見かけたことがありますが、全身黒づくめの服装をしていて茶髪で長髪です。そして常にサングラスをかけていました。

どう考えても、普通のビジネスマンとは思えませんでした。もしかしたら法律に違反する行為をしているのではないかと、この男性を疑いました。

 

そこで、一度正面から文句を言ってやろうと思いました。

次の週にも、再びこの男性が深夜の1時頃に携帯電話で非常識な大声で喋っていて私が眠れないため、私は着替えて外の廊下に出て、隣室の呼び鈴を鳴らしたのです。

玄関をドンドンと何度も叩きました。すると全身黒づくめの服装をした男性がでてきて「なんすか」と言ってきました。

私は「深夜に大声でうるさいんですよ。眠れないんですよ。非常識な振る舞いは止めてくださいよ」と苦情を言うと、

相手の男性はチッと言って「あんたの部屋からだってドタンバタン音が聞こえてくるんだよ」と言い返してきて、ドアを閉められてしまいました。

 

私は腹が立ち、自宅に戻って110番通報をしました。

しかも騒音の苦情というよりは「隣の住人が大声で投資の勧誘をやっている。個人の住宅で投資の勧誘をやれるはずがない。

詐欺師ではないか。私からは騒音の苦情を受けたという名目で、隣の住人を訪れてほしい」と要請したのです。

 

すると10分後にはパトカーがやってきて、隣の部屋までやってきました。

それから30分くらい警察官と黒づくめの男が大声で押し問答をしているのが聞こえてきました。警察官が「何の商売をやっているのか答えられないのか!」と怒鳴った声が聞こえてきましたが、やがて警察官は帰っていきました。

それ以来、黒づくめの男性の非常識な大声は聞こえてこなくなり、隣人の女性は引っ越していったのでした。

 

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?隣に越してきた人がこんな人だった場合怖いですよね・・・。やっぱり通報が一番いいですね

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ