【ご近所トラブル】マンションでの隣人騒音トラブル

今回の体験談は、マンションでの騒音トラブルです

ご近所トラブルの定番はやっぱり騒音系が一番多いですね

 

【ご近所トラブル】マンションでの隣人騒音トラブル

私は現在社会人で一人暮らしをしています。そして隣人の騒音トラブルに何度も悩まされてきました。夜も眠ることができないくらいうるさいのです。いままでに大きく三つの騒音トラブルがあったので紹介します。

まず一つ目に隣人が夜中の三時までギターを弾き、そして目覚ましを朝六時にかけるのにまったく起きないことです。まず完全防音のマンションではないのにギターで弾き語りをして、しかも大音量で夜中の三時まですることが続いていました。

昼間でさえうるさくて耐えることができないのに、夜中にねむることができないほど騒音を出していました。また目覚ましをかけるのに全く起きないので私が代わりに何度も壁をたたくしかありませんでした。私自身隣人のせいで三時間しか睡眠をとることができずに、不眠症になりました。何度も手紙を入れましたが改善することはなく、大家さんを呼んで解決することができました。

 

二つ目に隣人のベランダがゴミ屋敷でその影響によってカラスが荒らしに来たことです。毎朝カラスのゴミを漁る音で目が覚め、私のベランダにカラスの糞やゴミが散らばっていました。それだけではなく異臭が漂い、ベランダにほしていた洗濯物ににおいがついてしまいました。状況はとても悲惨でベランダに出ることすらできないような状況になりました。この時も大家さんに相談をしてゴミの撤去をしてもらいました。

三つ目は隣人がEDMを大音量で流すことです。朝から晩までクラブミュージックが永遠となっていて壁が振動するほどの大きさでした。これは私が経験してきた中で最も迷惑だった騒音トラブルです。仕事で疲れて帰ってきて自宅は唯一の安らぎの場所であるにも関わらず、毎日地獄でした。落ち着くことのできる環境はなくプライベート空間はないに等しい状況でした。

 

壁の振動でランプが倒れて落ちてきたこともありました。何度も手紙を出し、大家さんを呼んでも改善はなかったので警察を呼びました。警察には住所と部屋番号、名前、電話番号を聞かれました。30分くらいで警察はかけつけてくれ、厳しい注意をしてくれました。その後は一時間ほど静かになっていましたがすぐにまた音楽を大音量でかけていました。私はもうなすすべがなく、諦めて結局引っ越しをすることになりました。何年間も隣人トラブルで悩まされてきましたが、その時はもう限界で耐えることができませんでした。

現在は引っ越しをして快適に生活をしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ