初めての道路族 道路族被害?と思ったらやるべきこと

あなたの人生で始めてこれが道路族というものなのか?と体験した方が今後どのように行動するべきかの道しるべになるようにと思います

今まで気にならなかったボール遊びの音が気になりだしたとか、引っ越してきた人の生活音がうるさいとか、今までの平穏な暮らしには無かったストレスのたまる出来事が始まった場合にまずどのように対応すべきかを記していきます

 

初めての道路族 道路族被害?と思ったらやるべきこと

ネットで道路族被害について調べてみる

「自宅前 ボール遊び」「道路 子供うるさい」「井戸端会議 うるさい」「道路でサッカー」「道路でキャッチボール」など様々な被害状況に合わせてネットで検索してみる

これについてはネット検索したのでこのブログにたどり着いている事と思いますので、もう行っていると思います

道路族被害者と情報交換

ネットで道路族被害について検索したらご自身の被害状況が酷いのかどうかなどがある程度わかってくると思います、そしたら同じように悩んでいる道路族被害者の方と情報を交換しましょう

何故そんなことをするのか?

同じように道路族の被害にあっている人に話を聞いてもらう事で解決の道筋が見えたり、経験者からのアドバイスなどをもらえます。一人で悩むより誰かに相談したほうが精神的にもかなり楽になりますのでおすすめです

大事なのはあなたが被害だと思っている事が世間では普通の事の可能性もあるという事です、なので「近所の声」「ボール遊び」などの行為でもそのくらいならまだ注意するにはちょっと早いんじゃない?っという線引きが出来るようになることが大事です

最初に間違えたタイミングで注意や通報をすると近所から「あいつはクレーマーだ」とあなたのほうが悪者になってしまうかもしれません

【道路族被害者のリアルな声】道路族被害者で情報を交換しながら状況を改善していきましょう!

家の前で遊ぶ 子供の声がうるさい、 井戸端会議の声がうるさい、バーベキューや洗車などの迷惑行為が酷いなど、 道路族被害 に悩まれている方は全国に沢山いらっしゃいます そんな、 道路族被害者 の方はどうしても一人で悩んだり、家族で悩んだりと自分たちだけで解決しようと思ってしまいます そして、他に同じような体験をした人がいないかとネット検索すると思います。 ネットで検索しても 道路族 …

精神的に病んでしまう事が多いのも道路族被害の特徴です、気を付けましょう

近所の子供の遊ぶ声や井戸端会議の声で鬱病やパニック症を発症する恐れがあります

近年新興住宅住宅地で「道路族」と言われる問題が増えています、この道路族被害とは住宅の前の道路にて子供を遊ばせたり、井戸端会議やバーべキュー、花火などを行う行為の事を指しているのですが、最近の親の中にはその行為に対して「非常識」な行為だという認識が無く注意されたり、通報されてもやめる事が無い悪質な状況により、殺人事件などに発展したケースもあります …

注意するのか警察に通報か

始めて道路族被害かな?と思ったのであればそんなに酷い状況ではないかもしれません、その場合はご近所関係を崩さないように注意してみましょう

子供であれば注意しやすいですが、大人の場合だと注意するのも難しいですよね。

賃貸の場合は管理会社に相談しましょう

 

注意しても聞かない、逆切れされる

道路族行為を始めたばかりの人であれば、注意されるとやめる可能性は高いです

しかし、道路族行為を行う人のほとんどは常識がありませんので注意されても道路遊びを止めない、その時は止めてもすぐ繰り返す、もしくは逆切れするときもあります

このようなタイプの場合はご自分で注意するというのは諦めてください、「ご近所関係を壊さないように」という考え方も早めに捨てた方がいいでしょう、相手にその気がなければあなたがどんなに頑張っても無理です。精神的に参ってしまいます。

このような場合は下手にかかわりを持たず、自治会や警察に相談しましょう

110番は出来ないけど警察に相談したいときは、警察相談専用電話#9110に相談しよう

家の前で大勢の人が騒いでいる、子供の奇声が我慢できない、ボール遊びで壁や車に当てられている、不法侵入される、近所の騒音、迷惑駐車など緊急出ないかもしれないけど 警察に相談 したいことってありますよね そんな時は 「警察相談専用電話#9110」に電話しましょう! 相談する人がいない人など、一人で悩んでいると精神的にも体に悪いです、なので思い切って 警察に相談 してみましょう! …

道路族被害対策!警察に通報しよう!

ほんとうに消えてなくなってほしいと思う道路族ですが、直接注意をしても問題が大きくなるだけの可能性が大です なぜかというと、そもそも法律で禁止されている事を平気で行い、人に迷惑が掛かっているかもしれないと考える事が出来ない人達に注意をしてみても聞く耳を持たないか、理解できないと思うのです 理解できないほどの頭しか無いにも関わらず、自分は敵視されているという動物的感は働くのですよね …

警察に相談や110番に通報するのは早すぎるのでは?気が引ける。という気持ちになる方が多いと思います、それが普通の人の感覚です。

しかし、道路族被害にあった場合あなたの常識や良心を少しでも出してしまうとどんどん付け込まれます、道路族被害者の方たちも通報している人が多いです、自分は「クレーマー」みたいになってしまうのでは?と心配してしまうかもしれませんし、通報するなんてやりすぎだと思うかもしれませんが、それはあなたが道路族被害初心者だからです

早めに対処できるなら早いうちに被害の芽を摘んでおいた方がいいです、あなたの良心は一ミリも道路族には通じませんので。

警察に注意された後、すぐにまた道路で遊びだすのが道路族です。警察ですら手を焼く存在ですので個人で戦うのは危険です

警察に通報したら嫌がらせが始まった

注意したり、通報したりした場合嫌がらせを受けると言った事例が多くあります

道路族を行うタイプの人間は対話が出来ませんので幼稚ではありますが嫌がらせをする人も少ないないのです、そういった場合は警察よりも弁護士に相談したほうがいいかもしれません

道路族被害初心者からここまでの状況にすぐになる事は少ないかもしれませんが、道路族と戦うという事はそういう事だという認識が必要です

道路族は逆恨みする習性があります、嫌がらせであなたの生活が脅かされたら・・・

道路族の騒音被害などに迷惑して注意した事のある人も多いと思います そんな時道路族はどんな反応をしましたか?申し訳なかったと謝りますか?道路族はそんな事ではへこたれません、逆になんで私が怒られるの?と逆上することのほうが多いのではないでしょうか そんな逆上した道路族の被害にあっているという情報も沢山聞いています …

道路族被害者の体験談も合わせて読んでみてください

 

さいごに

結局道路族被害にあった場合の道筋としては、同じ悩みを持った人と意見・情報を交換する事

警察の力を借りる事

この二点に集約されるのではないかと思います。

一人で考えて通報してしまうと、実は世間の常識とはずれていて「クレーマー」になってしまうかもしれませんので注意が必要です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ