道路族がきっかけで鬱病になる事は決して珍しい事ではありません

道路族被害の体験談などをみていますと、道路族の迷惑行為がきっかけで鬱病になってしまったという話もよく目にします

私自身もうつ病とパニック道路族がきっかけで鬱病になる症を持っています(今は収まっています)ので騒音のストレスで鬱病になるという話はとても理解できます

 

道路族がきっかけで鬱病になる

我慢が一番体によくない

当たり前ですが我慢が一番体に良くありません。ストレスはため込んでもいい事なんてありません

鬱病などの精神疾患は、ほぼ全員の方が「自分はならない」と思っています

私もそう思っていました

 

しかし、本当に誰にでもなる病気なんです。そしてストレスを引き起こすことがあるとすれば尚更うつ病が発症する可能性はかなり高くなります

例えば、注意が出来る人などは自分の力で何とか解決できるし泣き寝入りなんてしないからストレスは大丈夫と思うかもしれませんが、注意したことによるご近所間の関係性などの不調和がこれから先長い人生において大きなストレスを与えていく事になったります

単純に「うるさい」というストレス「引越し出来ない」というストレス「近所の関係性」へのストレス「夫婦間での道路族への理解の違い」によるストレスなど道路族は様々なストレスを生み出します

 

我慢が良くないと言ってもどうすることも出来ないかもしれませんが、自分の出来る範囲の対処法を試してみましょう

 

道路族の人たちへ

道路族の人たちへ言っておきたい事があります

通報されるなど人として恥ずかしい行為なはずなのに、また同じ過ちを繰り返す道路族さんたち

もしあなたの騒音のストレスで近所の人がうつ病になった場合どうなるかわかってますか?

道路で子供を遊ばせるだけなら道路交通法違反だけなので注意されるだけかもしれませんが、あなた方の非常識な行動により近所の人が精神疾患になった場合は「訴える」ことが出来るんですよ?

 

人の人生を狂わせる可能性がある行為だという事を理解してもらいたい事と、訴えられたらあなたの人生も狂ってしまう事を知ってください

いくらあなた方が非常識な人であろうと訴えられるのは不味い事くらいわかりますよね?

 

さいごに

ストレスをため込み過ぎた場合、鬱病やパニック症になります

本当に辛い病気です、ならないならそれに越したことはありません

鬱病・パニック症についてはこちらを参照してください

人生の分岐点

パニック症を克復するための方法は数多く紹介されていますが、自分に合った克復方法はどれなのかわからない悩むことがあると思います 今回は、パニック症を克復するための方法として大きく3パターンに分けご紹介いたします これが一般的な方法です。心療内科に通院して病気を治す方法です。 病院の先生と話しながら薬を調整してもらい、パニック症を克復していきます …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ